uq wimax 端末 価格

UQ WiMAXの端末価格を無料にする方法とは?

UQ WiMAXの端末価格を無料にする方法をご紹介したいと思います。わざわざ高いお金を支払って購入する必要はありませんので、参考になさって下さい。

UQ WiMAXの端末価格を無料にする方法とは?

UQ WiMAXの端末価格を無料にする方法

UQ WiMAXの端末価格ですが、通常価格で20,000円します。
また、WiMAX端末のクレードルセットの場合ですと、22,750円もしてしまいます。

WiMAX端末のクレードルセット

そんなUQ WiMAXの端末価格を無料にする方法について、ご紹介したいと思います。
わざわざ高いお金を支払って購入する必要はありませんので、参考になさって下さい。

その前提として、まずは、UQ WiMAXの端末価格を割引き価格で購入する方法を知る必要があります。
UQ WiMAXの端末ですが、UQ WiMAX回線の契約時に購入する事で、破格的に安くなります。

WiMAX端末が安い

最新のWiMAX端末であるSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を例に挙げると、2,800円に割引きされます。
クレードルセットの場合でも、4,800円になります。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)はAmazonでも割引価格で販売されていますが、オレンジの場合で14,300円、ホワイトの場合で15,400円もしてしまいます。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のオレンジ
Speed Wi-Fi NEXT W03 HWD34SDA オレンジ

新品価格:¥14,300から(2016/7/12 06:41時点)

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のホワイト
Speed Wi-Fi NEXT W03 HWD34 SWA

新品価格:¥15,400から(2016/7/12 06:43時点)

そう考えればこれでも十分に安いのですが、無料で手に入れる事が出来る方法があります。
それは、GMOとくとくBB WiMAX 2+と言うプロバイダでWiMAXサービスの契約を行なうタイミングで、WiMAX端末を購入する方法です。

インターネットの契約のタイミングがお勧め

GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーン特典は業界でもトップレベルにお得で、何と、WiMAX端末を無料で貰う事が出来るのです。
しかも、WiMAX端末のクレードルセットも無料な上に、WiMAX端末の送料も無料になります。

更に更に、業界最高額の高額現金キャッシュバックまで付いて来るのですから、利用しない手はないです。
つまり、GMOとくとくBB WiMAX 2+を利用すれば、UQ WiMAXでは有料だったWiMAX端末代を支払うどころか、お金が貰えてしまう訳です。

そんなGMOとくとくBB WiMAX 2+への申し込みは、下記キャンペーンサイトから行いましょう。

>>GMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーンサイトはこちら

Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)の特徴とキャッシュバック額

ご紹介したGMOとくとくBB WiMAX 2+ですが、現在取り扱っているWiMAX端末は4種類となります。
まずは、Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)についてご紹介します。

Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)はキャリアアグリゲーションに対応し、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴となるUQ WiMAX端末です。
キャリアアグリゲーションとは、WiMAX端末とWiMAX基地局間とでやり取りされる電波を束ねる事で、通信速度を高める技術の事です。

キャリアアグリゲーション

ただし、キャリアアグリゲーションは通信速度が速いものの、バッテリーの消費が激しい点が難点の機能となっています。
そこで、バッテリー残量が4割以下なったら自動的にキャリアアグリゲーションの使用をストップするノーマル設定が搭載されています。

また、Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)はau 4G LTEに対応している点も特徴の一つとなります。
auのLTE回線を使用する事が出来る通信機能で、人口カバー率99%と言うUQ WiMAXよりも広い通信エリアをカバーする事が出来ます。

広い通信エリアに対応したau 4G LTE

そんなSpeed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)をGMOとくとくBB WiMAX 2+で契約した場合、30,000円もの高額キャッシュバックを受け取る事が出来ます。
このキャッシュバック額、実は、業界最高額のキャッシュバック額となります。
また、Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)のクレードルセットを選択した場合は、26,000円のキャッシュバックを受け取る事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)の特徴とキャッシュバック額

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)の後継機に該当するWiMAX端末です。
Speed Wi-Fi NEXT W02(HWD33)の機能に加えて、下り最大通信速度が370Mbpsも出る3波キャリアアグリゲーションが搭載された点が特徴となっています。

Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)には更に、NFC対応のAndroid端末をかざすだけで簡単にWi-Fi接続が出来る機能NFCタッチも搭載されました。
面倒なPW入力が省略出来ますから、非常に便利な機能と言えるでしょう。

そんなSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)をGMOとくとくBB WiMAX 2+で契約した場合、29,000円もの高額キャッシュバックを受け取る事が出来ます。
また、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)のクレードルセットを選択した場合は、26,000円のキャッシュバックを受け取る事が出来ます。

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)の特徴とキャッシュバック額

Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)は4×4MIMOに対応し、下り最大通信速度が220Mbps出る点が特徴となるWiMAX端末です。

4×4MIMOとは、WiMAX端末に内蔵されている4本のアンテナとWiMAX基地局間とで複数の同時通信を行なう事で、通信速度を高める技術の事です。

4×4MIMO

また、Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)はBluetoothに対応している点も特徴の一つとなります。
Bluetoothは消費電力を抑える事の出来る通信規格で、Wi-Fi使用時よりも長時間でのテザリングを行なう事が出来ます。

そんなSpeed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)をGMOとくとくBB WiMAX 2+で契約した場合、29,000円もの高額キャッシュバックを受け取る事が出来ます。
また、Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD32)のクレードルセットを選択した場合は、26,000円のキャッシュバックを受け取る事が出来ます。

URoad-Home2+の特徴とキャッシュバック額

URoad-Home2+は可動式の超高性能アンテナを装備し、最大16台ものWi-Fi接続可能台数に対応している点が特徴となるWiMAX端末です。
また、2台の有線通信にも対応しています。
URoad-Home2+はホームルーターとしての機能に特化したUQ WiMAX端末ですので、ACアダプターの使用出来る環境下での使用が求められます。

URoad-Home2+

更に、URoad-Home2+はノーリミットモードに対応している点も特徴の一つとなります。
ノーリミットモードには速度制限がありませんので、通信量を気にせずインターネットを行なう事が出来ます。

そんなURoad-Home2+をGMOとくとくBB WiMAX 2+で契約した場合、24,500円のキャッシュバックを受け取る事が出来ます。

現金キャッシュバック

各WiMAX端末の性能キャッシュバック額についてご紹介して来ました。
ご紹介して来たGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャッシュバックキャンペーンですが、下記キャンペーンサイトからWiMAXの契約を行った方がキャンペーンの対象となります。
折角の高額キャッシュバックですから、是非ともキャンペーンを利用しましょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+

そもそも、クレードルって何?

ご紹介して来た通り、各WiMAX端末にはクレードルとのセット販売がされているものもあります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+でクレードルセットを選択した場合、キャッシュバック額が減ってしまいます。
そうなると、クレードルの必要性が気になって来るところでしょう。

WiMAX端末のクレードルセット

クレードルがあると出来る事は、以下の通りです。

  • WiMAX端末を充電しながら使用出来る。
  • WiMAX端末を常にフル充電状態で維持出来る。
  • クレードルにLANケーブルが挿し込めるので、Wi-Fiに非対応の古い機器をインターネット接続させる事が出来る。(ルータモード)
  • LANケーブルでブロードバンドルーターと繋ぐ事によって、WiMAX端末をWi-Fiルーターとして使用する事が出来るようになる。(APモード)
  • WiMAX端末に内蔵されているアンテナの位置が高くなるので、通信効率が良くなる。

APモード

これだけのメリットがありますから、クレードルの利便性は大きいです。
クレードルがなくてもWiMAX端末は使用出来ますが、クレードルがあると利便性は増します。

これらを考慮して、クレードルに必要性を感じる場合はクレードルセットを選択しましょう。
別に必要性を感じないと言う方はクレードルは購入せず、より高額なキャッシュバックを受取るのも良いでしょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+のユーザーサポートは大丈夫?

GMOとくとくBB WiMAX 2+は、業界でも人気のWiMAXプロバイダです。
大手のプロバイダですから、ユーザーサポート体制もしっかりしています。

しっかりしたユーザーサポート

以前は色々言われていた時期もありましたが、今はサポートセンターの対応時間も長くなり、ユーザーサポートへの注力が見て取れます。
電話お問い合せを利用する場合、年中無休の10時から19時まで対応して貰う事が出来ます。
平日のみの対応で、もっと短い時間しか対応して貰えないプロバイダが多くある中で、とても安心感があります。

特に、サポートセンターを利用するタイミングはインターネットが繋がらないと言う状況下ですから、いち早く対応して貰いたいと言う心境にあります。
そんな中、平日しか対応していない場合、翌日、もしくは翌々日まで待たされる可能性もあると言う事になります。
そう考えると、年中無休のGMOとくとくBB WiMAX 2+は、非常に安心感が強いです。

安心感ある状況下でWiMAXの導入

また、下記キャンペーンサイトからの申し込みなら、業界最高額のキャッシュバックも付いて来ます。
折角のキャンペーン特典ですので、是非とも利用しましょう。

GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+なら20日間の保証あり

また、GMOとくとくBB WiMAX 2+なら20日間の保証制度があります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約後、満足行く通信環境が得られなかった場合、20日以内ならキャンセルが出来ると言うものです。

安心の保証制度

UQ WiMAXは無線を使用しますから、実際に使用してみるまでは安心感がありません。
本当にUQ WiMAXの電波が届くのか、通信速度は十分なのか、そう考えると、なかなか契約まで進む事は出来ません。
そんな方の不安感を取り除いてくれる保証制度が、この20日間の保証と言えるでしょう。

ただし、この保証制度を利用するには、ピンポイントエリア判定が○の住所である必要があります。
ピンポイントエリアは、以下で確認する事が出来ます。

ご紹介した20日間の保証制度は、GMOとくとくBB WiMAX 2+オリジナルの保証制度です。
ですから、他のプロバイダとのWiMAXサービスの契約では利用する事が出来ません。

出来れば、安心感ある状況下でWiMAXサービスの導入を行いたいものです。
そう言う点でも、GMOとくとくBB WiMAX 2+はお勧め出来ます。

GMOとくとくBB WiMAX 2+なら、ポイントも貯まる!

そして、GMOとくとくBB WiMAX 2+なら、月額料金の支払い時にGMOポイントが貯まります。えっ!?UQ WiMAXの端末価格って、こんなに安くなるの??を参照)
100pt貰えますが、1ptを1円としてBBウォレットでチャージ出来ます。

GMOとくとくBBのポイント制度

貯まったポイントですが、GMOとくとくBBの支払い時に使用する事が出来ます。
ですから、貰えるポイント分だけ割引きされると考える事も出来ます。

また、約2万店ある提携ECサイトでポイントを使用する事も出来ますから、利用の幅は広いです。
いずれにせよ、GMOとくとくBB WiMAX 2+にしかないお得感ですから、有効活用したいところです。

お得感大きいGMOとくとくBB WiMAX 2+はこちら
GMOとくとくBB WiMAX 2+

GMOとくとくBB WiMAX 2+なら、auの月額料金が安くなる!

GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なうと、他にも魅力的なキャンペーン特典が付いて来ます。
auでスマートフォンやケータイサービスの契約を行っている方であれば、auスマートバリューmineと言うセット割引きのキャンペーン特典を利用する事も出来ます。

auスマートバリューmine

具体的な割引き額ですが、auで契約中のパケットプランに応じて、500円から934円の間で割引きされます。
割引きはGMOとくとくBB WiMAX 2+との契約期間中続きますので、お得感は非常に大きいです。

auスマートバリューmineを利用する際は、GMOとくとくBB WiMAX 2+とauの両方での手続きが必要となります。
GMOとくとくBB WiMAX 2+は会員ページにて、auはauショップへ出向くか、KDDIお客さまセンターへ電話を入れる事で手続きが出来ます。
手続きの際はWiMAX端末に割り振られている電話番号が必要となりますので、WiMAX端末が手元にある状況で行いましょう。

電話にて手続き

ご紹介して来たGMOとくとくBB WiMAX 2+のキャンペーン特典ですが、指定されているキャンペーンサイトからの申し込みが条件となっています。
ですので、間違いなく、下記キャンペーンサイトから申し込みを行いましょう。

↓GMOとくとくBB WiMAX 2+の申し込み先はこちら↓
GMOとくとくBB WiMAX 2+

 

TOPへ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。